院長ブログ

寺院のすぐ近くにあるパゴダストリートを散策。

チャイナタウンの中心部にあり、建物が非常にカラフル。

大半がお土産屋さんになっていて比較的リーズナブルなので、バラマキ様には良いかと。

観光客で賑わっていました。

チャイナタウンの真ん中にエクゾチックな寺院「スリ・マリアマン寺院」がありました。

ヒンズー教の寺院で、ご本尊として病を治す力があるとされる女神が祀られているそう。

繊細な彫刻に感心します。

内部の撮影は有料だそうです。

散策中、公園内に面白いモニュメントを発見。

年甲斐もなく戯れてしまいました(笑)

道中、中華系の大きな寺院があり、地元の方が熱心に参拝。

歩いていると多民族国家シンガポールは、あらゆる人種や宗教が融合されているのが分かります。

外国を散歩していると、飾らない普段の生活が垣間見れるのが醍醐味。

翌朝は中華街にある「マックスウェルフードセンター」からスタート。

ここは、度々テレビなどで取り上げられているので、非常に有名。

思ったより綺麗で、安心して食べられます。

暑さと疲労であまり食欲が無かったので、ラクサとおかゆを注文。

ラクサは香辛料が効いた東南アジアの麺料理で、ココナッツの風味がして食べやすいです。

調味料で好みの味にして食べます。

意外に美味しかったのが、おかゆ。

地味な一品ですが、具がたくさん入り、出汁が効いて、非常に美味。

栄養補給したので、今日もたくさん歩けそうです。


食後は運動をかねて、シンガポールフライヤーへ。

世界最大の観覧車だそうです。

入場する際は、空港のようにチェックが厳しい。

かなりの混雑でしたが一つのゴンドラに30名近く乗れるので、思ったほどは待ちません。

夜景は香港もかなり綺麗でしたがシンガポールも負けないほどの絶景。

30分くらいかけて一周します。

建築家の故・黒川紀章氏とシンガポールの建築家により設計されたそうです。

料金は3千円くらいですが、大満足です。

そろそろお腹が空いたので、へーパーチキンで有名なヒルマンレストランへ。

早い時間に行ったので待たずに入れましたが、帰る時は大混雑でしたので予約は必須です。

ほとんどが日本人でした。

お決まりのチキンと土鍋に入った煮物、炒飯を注文。

日本人の口に合い、外れは無いと思います。

店内にはこの店の変遷が展示されていて、歴史を感じます。

英国のエリザベス女王も来店されてようです。

堅苦しくない雰囲気で、味も良くおススメです。

続いてリトルインディアにある大型ショッピングセンター「ムスタファセンター」へ。

かなり大型店ですが、なんと24時間営業です。

イメージ的にはドンキホーテも大きい感じです(笑)

値段も安く、商品が山積みになっていて、家電、洋服、お菓子、おもちゃ、化粧品など何でもあります。

インドのものが多いですが、日本には無いものもたくさんあり、面白かったです。

お土産を購入するのも良いかもしれません。

一休みした後は、リトルインディアにあるテッカセンターへ。

当たり前ですが、インド人だらけです。

生鮮食品やフードコート、衣類(民族衣装)や雑貨、香辛料が数多く売られています。

特に何か買った訳ではありませんが、なかなか活気があって楽しめました。

マッサージの後、部屋の用意ができたので入れました。

思ったより綺麗で、値段の割に良いと思います。

高層階だったので、景色もまずまず。

汗だくなったので慌ててシャワーを浴び、夜にむけて少し昼寝しました

あまりの暑さと、寝不足で朦朧としてきました。

チャイナタウンへ移動し、People’s Park Complex3階にあるTeo Chew Meng Reflexology Centreへ。

観光客向けの綺麗な所ではなく、ご覧の通りローカルな店です。

内装は中国独特の赤と金で彩られ、派手な装飾です。

中国の神様でしょうか?

清潔とは言い難いですが、強く揉んでくれて、爆睡してしまいました。